ボランティア募集


種子島宇宙芸術祭2019が秋に開幕します!!
運営を支えてくださるボランティアを全国から募集します。

アートに興味がある方、人と接するのが好きな方、ふらっと島に訪れたい方などなど、みなさまからのご応募お待ちしてます。

一緒に宇宙芸術祭を盛り上げましょう!!!

募集期間

2019年4月1日(月)〜2019年11月30日(土)


募集予定人数

1人〜78人


募集条件

  1. 2019年4月1日現在で満16歳以上の方。(18歳未満の方は保護者の同意が必要)
  2. 日本国の法令を遵守していただける方。
  3. ボランティア活動にあたり、当実行委員会及び事務局のマニュアルや連絡事項等を遵守していただける方。
  4. コミュニケーションが可能な方。

あると喜ばれるスキル

  • 手のひらほどのクモに耐性がある!(苦手でも頑張れる方。虫、多いです!)
  • マムシを捕まえることができる!(焼酎につけてみたい方♪)
  • 自動車免許 or 駆け回る体力
  • 方言に酔わない!(島外の方にとっては、種子島弁は宇宙語同然かも!?)

申込方法

下記のフォームからお申し込みください。

メッセージ欄の初めに「種子島宇宙芸術祭2019ボランティア応募」と記載のうえ、ご希望や来島される期日等をお教えください。


活動について


活動期間  2019年秋ごろ ※芸術祭の正確な会期日程は、5月中旬ごろ決定します。

 

活動内容  島で起こること全般。

会場での「展示作品の看視」、「受付」、「会場案内・誘導」の補助、来場者の鑑賞のサポートなど。

子どもや一般を対象としたツアー形式による展示作品の案内や、学校団体等へのガイダンスの実施など。

 

待遇    活動については、無償です。

ボランティア保険が適用されます。(個人負担はありません)

ボランティア活動に伴う島内での交通費相当分をお渡しします。(1日につき1,000円が上限)

メモ: * は入力必須項目です

宇宙 × 芸術 × 種子島

宇宙の島で宇宙をテーマにした芸術祭が目指すのは、新しい何かを発見するような宇宙芸術祭です。 この芸術祭は、種子島が持っている様々な特性がクロスオーバーする芸術祭になるだろうと考えてい ます。種子島の要素とは、宇宙であることに加えて、豊かな自然、古代にまで遡る歴史と伝統、幅広い食文化など上げれば数多くあります。そこに未来への挑戦ともいえる、我が国の宇宙開発の拠点施設が存在することに運命的なものを感じざるを得ません。新しいものと古いものが、時間軸を超えて 同居しているのが種子島なのです。そこで「宇宙」とは、我々が暮らす地球と生命、果てしなく続く 時間について問い直す、重要なキーワードであることがわかります。「芸術」とは、人間にとって根源 をとららえるための手段です。無限の宇宙を思いながら自分自身の足元を見つめて見たら、私は何者なのか?という疑問が湧いてくることでしょう。宇宙科学と芸術、種子島という地域性。異なる背景を持っていたとしても、それぞれの分野にこだわらず、自由に交差することによって、新しい展望が見えてくるのではないかと思っています。

種子島宇宙芸術祭 総合ディレクター 森脇裕之